2013 March Mix for USEN by Marcus D

2013 March Mix for USEN by Marcus D
Text = FK


2月のSagaraxxに続き、3月の「Exclusive Mix from hydeout productions
official shop tribe」は昨年にtribeのレーベルよりソロアルバム
「Melancholy Hopeful」をリリースしたプロデューサー&ビートメイカー
Marcus Dによるエクスクルーシブミックスをお送りします。

Shing02やSubstantial、Funky DL他、彼が共感するアーティストを召還し
渾身の力を注ぎ込んだアルバム「Melancholy Hopeful」。
自ら演奏する鍵盤楽器とプログラミングサウンドを駆使しながら
優美で感性豊かな音楽の世界観を描き上げた秀作となった。
そして更には、hydeoutからのアルバムリリースと数々の作品に参加している
MCのSubstantialとのプロジェクトBop Alloyとしても活躍している。

今回のミックスでは、そんな彼が影響を受けたルーツミュージックに加えて
彼がフェイバリットとする日本人のアーティストもピックアップされており
「海外のアーティストが評価する日本人のサウンド」という視点で選曲されている
部分も非常に興味深い内容となっている。

演奏者としての視点と、DJ的な音楽の選美眼、そしてトータルプロデューサー
としての音楽観を構築する様々な要素も持ってして選ばれレイアウトされた
今回のミックスは実にMarcus Dらしいメロディアスなジャズ・フュージョン
そして昨今のビートミュージックがチョイスされており彼の趣向が存分に
投影されたものとなっている。

春の訪れと共に鮮やかな色彩に溢れる3月。心地よい初春の風を感じながら
このMarcus Dのミックスに耳を傾けてみて下さい。

<Marcus Dからのコメント>

For me, one of the greatest joys of hip hop is the epiphany one experiences when unexpectedly unearthing the source of a sample that’s eluded them for years. This mix is a compilation of some of my favorite samples, and some hip hop songs that helped shape my sound. I hope you enjoy them as much as I have.

“USEN mix March mixed by Marcus D


Track List

1. Warm Fire / Yusef Lateef
2. Once A Thief / Lalo Schifrin
3. It’s Changed / Lonnie Smith
4. Aint No Happy Endings / Nujabes
5. Life Is Good ft. Mos Def/  DJ Deckstream 
6. Morning Sunrise / Twennynine w/ Lenny White
7. Love Light / Yutaka
8. Bridge Through Time / Lonnie Liston Smith
9. Curtains / Jeff Lorber Fusion
10. The Tempo / Trebles and Blues
11. Lost Memories / Marcus D
12. Blaze It Up ft. Black Attack / DJ Honda
13. Another Day… in the Life/ Bop Alloy
14. I Love You, Dawn / Rainier
15. B Minor Waltz (For Ellaine) / Bill Evans
16. Spies Of A Feather Flocking Together / Dave Grusin
17. The Boy With No Name / Bop Alloy 


[ 一部収録曲紹介 ]


Yusef Lateef 「Warm Fire」(from「1984」Album)
・Yusef Lateef 「Warm Fire」(from「1984」Album)

ミックスはゆったりとたなびくYusef Lateefの
「Warm Fire」で幕明ける。
重厚なサックスが語りかけるように吹かれるYusef Lateefの
個性と表現力の豊かさが感じられる一曲。





Lonnie Smith「It's Changed」(from「Funk Reaction」Album)
・Lonnie Smith「It’s Changed」(from「Funk Reaction」Album)

60年代の空気感溢れるLalo Schifrin「Once A Thief」に続くは
1977年発表の鍵盤奏者Ronnie Smithによる「It’s Changed」。
Substantialによるクラシック「If I was your mic」でも取り上げられた
この曲は、心地よいベースラインとギターのフレーズを軸に
Lonne Smithの演奏するエレピやシンセが絶妙な浮遊感を醸し出す
メロウフュージョントラック。




・Twennynine w/ Lenny White「Morning Sunrise」<br />
(from「Songs In The Key Of Life」Album)
・Twennynine w/ Lenny White「Morning Sunrise」
(from「Songs In The Key Of Life」Album)

ジャズ・フュージョンのフィールドで活躍したドラマーLenny Whiteに
よるバンドTwennynine。
流れるようにたなびくメロウなシンセとコーラスからDon Blackmanの
シルキーなハイトーンヴォーカルが美しいメロディーを歌い上げる
メロウヴォーカルフュージョン。
こういったドリーミーな曲調をチョイスしてくるあたりにMarcus Dらしい
世界観を感じることができる。




Yutaka「Love Light」(from「Love Light」Album)
・Yutaka「Love Light」(from「Love Light」Album)

そしてさらにミックスはYutaka「Love Light」へと展開する。
どこか日本の雰囲気を感じさせる弦楽器からソウル・AOR調の
アレンジに男女のヴォーカルが展開される本作は、Dave Grisin
プロデュースによるよるもの。
シンガーでありキーボディスと横倉裕が渡米し制作された作品と
いうだけあって、当時の最先端のサウンドデザインを取り入れながらも
どこかしら「和」のテイストを感じさせる部分が逆にMarcus Dに
とっては新鮮だったのかもしれない。
日本人の作品にしながら、日本人のセンスとは異なる角度で評価され
ミックスに配置されているところが興味深い。





Trebles and Blues「The Tempo」(from「The Blue Note」Album)
・Trebles and Blues「The Tempo」(from「The Blue Note」Album)

流麗なメロウフュージョントラックから展開されるのはLAを拠点に
活動するビートメイカーTrebles and Bluesによる「The Tempo」。
シンプルに刻まれるロービートにムーディーなピアノのリフが
繰り出される中、ドラマチックなボーカルとクールなミュート
トランペットのフレーズがスクラッチと共に挿入される
イマジネイティブな一曲。
インディペンデントな作品ながら、こういった隠れた逸材を
ミックスに組み込んでくるあたりも彼らしいセンスとポリシーを
感じさせてくれる。




Marcus D「Lost Memories」(from「Melancholy Prequel」)
・Marcus D「Lost Memories」(from「Melancholy Prequel」)

続くは自身のアルバム「Melancholy Prequel」からの一曲
「Lost Memories」。
シンプルなビートとハートウォーミングなフレーズによる
彼らしい世界観が滲み出た一曲。そしてミックスはいよいよ
終盤へと展開していく。




Bop Alloy「Another Day… in the Life」(from「Bop Alloy」Album)
・Bop Alloy「Another Day… in the Life」(from「Bop Alloy」Album)

ミックスの終盤で挿入されるのは、hydeoutの作品でもお馴染み
SubstantialとのユニットBop Alloyの「Another Day in the Life 」。
グルーヴィーなビートに哀愁感漂うピアノの旋律をあしらったトラックに
featされているCise Starのライムデリバリーも冴え渡る力作。




Bill Evans「B Minor Waltz (For Ellaine)」
・Bill Evans「B Minor Waltz (For Ellaine)」(from「You Must Believe in Spring」Album)

哀愁感漂うRainier「I Love You, Dawn」に続くはジャズピアニスト
Bill Evansによる「B Minor Waltz (for Ellaine)」。
(最初の)妻と実兄を2年の間に失い、彼自身も3年後に亡くなってしまうという
最晩年の作品となる本作は、曲名の通り彼の妻に捧げたもの。
深い悲しみの中かから生み出される言いようのない美しさを携えたその
音色は聞き手の心の奥にまで染み渡る。





Bop Alloy 「The Boy With No Name」
・Bop Alloy 「The Boy With No Name」(from 「Bop Alloy」Album)

モチーフになったDave Grusin「Spies Of A Feather Flocking Together」から
ミックスの最後を飾るのは自身のBop Alloy「The Boy With No Name」。
絶妙にカットアップされたサックスとエレピのフレーズを配置しながら
Substantialがスキルフルにライミングを展開する一曲。
そしてクールな空気感漂うこの曲でミックスは幕を閉じる。




Marcus D



Marcus Dはシアト出身のHip Hopプロデューサー、ピアニストである。
幼少期にクラシックJazzの英才教育を受け、レコードのサンプリング通じ自己のスタイルを啓発。そのMarcusDが生み出すサウンドは母国の米国だけではなく世界中の音楽ファンを魅了して知られている。近年は彼の2ndアルバム「Melancholy Hopeful」のリリースを通じてHydeout ProductionおよびTribeのサウンドクルー達との音楽制作に貢献し、日本と米国で爆発的な知名度を得る。日本でよく知られる共演者にShingo02、 Substantial、 Emancipator、Cise Starr、Funky DL等が挙げられる。また米国で有名な共演者としてOne Be Lo、 Justis、 Vitamin D、 Luck One、Choklate等が挙げられるが、皆インディーズでありながら異例のヒットを飛ばしているシアトル出身のHip Hopアーティスト勢である。形式にとらわれずあるがままのバイイブスを表現するアメリカのHip Hopスタイル、洗練さられた日本の禅。これらの二つの哲学的な芸術的要素を追求する彼の音楽は、シーンへ大きな影響を与え、色あせる事のない芸術として要注目されている。




Next Notice

次回4月の「Exclusive Mix from hydeout productions official store tribe」は、
元ギネスレコードでもあり、現在はMana-bu等と共にKITEN RECORDSを立ち上げたDJ TSUによるエクスクルーシブミックス!
また4月よりコーナーの時間が1時間拡大!より多彩なDJによるエクスクルーシブミックスをたっぷり2時間お届けします!
4月から3ヶ月間はFKが担当!Marcus Dのremixも大好評のFKによる濃密な選曲をお楽しみください!

Exclusive Mix from hydeout productions official shop tribe


USEN

D-63 JAZZY HIP HOP
平日
22:00〜23:00
土日
12:00〜13:00
18:00〜19:00
22:00〜23:00 

1時間番組(月間更新)

※月〜金 12:00〜13:00は
アーカイブ放送として
今までのMIXをランダムに
オンエア中。




2013年3月放送分

metaphorical music



Track List

“USEN mix March mixed by Marcus D

1. Warm Fire / Yusef Lateef
2. Once A Thief / Lalo Schifrin
3. It’s Changed / Lonnie Smith
4. Aint No Happy Endings / Nujabes
5. Life Is Good ft. Mos Def/  DJ Deckstream 
6. Morning Sunrise / Twennynine w/ Lenny White
7. Love Light / Yutaka
8. Bridge Through Time / Lonnie Liston Smith
9. Curtains / Jeff Lorber Fusion
10. The Tempo / Trebles and Blues
11. Lost Memories / Marcus D
12. Blaze It Up ft. Black Attack / DJ Honda
13. Another Day… in the Life/ Bop Alloy
14. I Love You, Dawn / Rainier
15. B Minor Waltz (For Ellaine) / Bill Evans
16. Spies Of A Feather Flocking Together / Dave Grusin
17. The Boy With No Name / Bop Alloy 



Melancholy Hopeful – Marcus D

CD
¥2,500



Don’t Hold Ya Breath – Marcus D

12″
¥1,680



download

Melancholy Hopeful – Marcus D

MP3
¥2,000




カテゴリー: Archive, Special, usen | コメントをどうぞ

Luv(sic) Grand Finale / Part 6 nujabes featuring Shing02

Luv(sic) Grand Finale / Part 6 remix – nujabes featuring Shing02 / Uyama Hiroto


「出会い」から「別れ」を経てたどり着く「再生」をテーマに描かれる音楽叙情詩 最終章 Luv(sic) Grand Finale / Part 6が遂にリリース!! (続きを読む…)
カテゴリー: Archive, Special, products | コメントをどうぞ

2013 February Mix for USEN by Sagaraxx

2013 February Mix for USEN by Sagaraxx
Text = FK


1月のフレンチビートメイカーLexに続き、2月の「Exclusive Mix from hydeout
productions official shop tribe」は宇田川町にGuinness Records/tribeの
実店舗があった時代より交流が深く、都内をはじめ、多くのフロアでのプレイ
そして、DJ KenseiとのプロジェクトCoffee & Cigarettes Bandとしての音楽制作
そして、音楽を交えたトークセッション等、様々な活動を積極的に展開する
DJ Sagaraxxによるエクスクルーシブミックスをお送りします。

まだ宇田川にGuinness Records/tribeがお店を構え、日々世界中より
集められたレコード達が店頭に並んでいた頃。
気心知れた音楽仲間達と語り合いながら、入荷されてきたレコードに次々と
針を落としていく。
それまではごくごく当たり前のような宇田川町での光景が当たり前では
なくなりつつあった時期、DJSagaraxxはDJ Kensei や仲間達と毎週
フラリとお店に立ち寄っては無邪気に音楽を楽しみ、変わらずいつも
交わされる何気ない会話の中からもその揺るぎない情熱と愛情を滲ませていた。

そんな日々日常の中で交わされる音楽談義や交流の中からの自然な流れで
DJ KenseiとのプロジェクトCoffee & Cigarettes Bandとしてのファースト
リリース(アナログ7inch)をtribeがバックアップ/サポートし、これを皮切りに
Guinness Recordsホームページでの非常に長く濃密なトークセッションや
継続的な彼らへのサポートを行うこととなった。
とはいえ、そういった展開は特別なものというよりは、お店あるいはフロアで
彼らと共に過ごしてきた何気ない、けれども音楽への愛情と情熱に満ち溢れた
日常の延長上にあるものだった。

DJ Sagaraxxの揺るぎない音楽への愛情は、音楽を取り巻く環境作りにも
向けられており、クラブイベント以外での(もしくはその延長上に位置した)
トークセッションや音を鳴らす場所の空間のセレクト、演出等にも様々な
趣向が凝らされている。
それは「素晴らしい音楽を人々に届けたい」という信念と共に、彼の人としての
優しさ、実直さの現れであり、そういった彼の考え方に賛同する仲間も多い。

少し前置きが長くなってしまったが、残念ながら実店舗がクローズしてしまった
現在、長くお店を通じて様々な交流を持ち、スタッフとも気心知れた間柄だった彼と
また再びこういったミックス作品という形で彼の音楽の世界観を感じれることが
tribeとしても非常に嬉しいかぎりである。

今回のミックスは彼が最近よく聴いているというエレクトリックソウル〜ジャズを
中心にまとめあげられたものとなっており、様々な時代・ジャンルの音楽を
セレクトしながらも、Sgaraxxの美学を感じさせる濃厚なグルーヴと適度な
レイドバック感が心地よいミックスとなっている。

静まり返った極寒の冬から、少しづつ生命の息吹を感じ始める2月。
DJ Sagaraxxの愛に満ちあふれたミックスに耳を傾けながら春の訪れを待つことにしよう。

<Sagaraxxからのコメント>

今回は最近気に入ってるエレクトリックソウル〜ジャズを中心にミックスしました
リラックスしてお聴きください。

“USEN mix February mixed by Sagaraxx


Track List

1.Georgia Anne Muldrow & Madlib ‎– Seeds
2. Maxayn –Bail Out
3.Stevie Wonder- All Day Sucker
4.Little Sister ‎– Stanga
5.Shuggie Otis ‎– Happy House
6.T. Dyson And Company – It’s All Over
7.Jay Dee ‎ – Brazilian Groove (EWF)
8.Robert Glasper Experiment – Cherish The Day
9. Robert Glasper Experiment – Twice (?uestlove’s Twice Baked Remix)
10.D’Angelo -The Root
11.Visioneers ‎- Come And Play In The Milky Night
12.Domenico- Peteleco Zum
13.Coffee&Cigarettes Band – from c&c with love pt2.



[ 一部収録曲紹介 ]


Georgia Anne Muldrow & Madlib 「Seeds」(from「Seeds」Album)
・Georgia Anne Muldrow & Madlib 「Seeds」(from「Seeds」Album)

ミックスの冒頭を飾るのはフィメールシンガーGeorgia Anne
MuldrowとビートメイカーMadlibのコラボレーションによる「Seeds」。
ディープなソウルフレイバー溢れるトラックに違和感なく溶け込む
Georgia Anne Muldrowのコーラスワークが印象的。
Sagaraxxのフェイバリットアーティストの一人でもあるMadlibの
魅力も存分に感じられる一曲である。





Maxayn「Bail Out」(from「Bail Out for Fun!」Album)
・Maxayn「Bail Out」(from「Bail Out for Fun!」Album)

続く2曲目は1974年リリースの女性シンガーMaxaynによる
アップチューン「Bail Out」。
軽快かつファンキーなクラビネットとワウギターのリフに
乗せてアグレッシブにシャウトする彼女のヴォーカルが鮮烈な一曲。
70年代前期のニューソウルムーヴメントの影響を伺わせるが
ここでは、現在のフロア的解釈のグルーヴミュージックとしての
意味合いでもチョイスされている。




Stevie Wonder「All Day Sucker」(from「Songs In The Key Of Life」Album)
・Stevie Wonder「All Day Sucker」(from「Songs In The Key Of Life」Album)

そして、3曲目はまさにニューソウルムーブメントの代表的な
アーティストといえるStevie Wonderによる「All Day Sucker」。
Mini Moogシンセサイザーによる特徴的なベースラインとリフレインによる
独創的なアレンジが独特なグルーブ感を醸し出すまさにStevie Wonderの
70年代の黄金期を象徴する一曲といえる。
しかし、ここでも前曲同様に、単にオールドソウルをプレイするという
のではなく、過去から現在への音楽解釈への流れでチョイスされて
いるという意図が明確に感じられる。




Little Sister「Stanga」(from「Stanga」7inch)
・Little Sister「Stanga」(from「Stanga」7inch)

更に、電化楽器を用いたエレクトリックソウルな選曲が続く。
Sly & The Family StoneのSly Stoneの妹が在籍したグループLittle Sisterの
7inchに収録の「Stanga」。
非常に印象的かつレトロな温かみを感じさせるリズムボックスを軸に
ファンキー・ロックなアレンジが味わい深い。
こういったマシーンビートからも濃厚なブラックネスを感じ取りミックスに
注入していくというセンスは実にSagaraxxらしいと言える。





Jay Dee「Brazilian Groove (EWF)」(from「Welcome 2 Detroit」Album)
・Jay Dee「Brazilian Groove (EWF)」(from「Welcome 2 Detroit」Album)

そしてミックスは70年代からのグルーヴを経て現代へと展開していく。
世に数々の名作を残しながらも2006年にこの世を去ったビートメイカー・
プロデューサーJay Dee(J.Dilla)による「Brazilian Groove (EWF)」は
彼らしいボトムの低いながらもシンプルなビートに浮遊感溢れる
アレンジが心地よい一曲。
Sagaraxxも深く共感するデトロイトという土地が生み出す個性の
強い音楽観、空気感をHipHopにも持ち込んだJay Deeの魅力・功績を
再確認するかのような選曲となっている。




Robert Glasper Experiment「Twice (?uestlove's Twice Baked Remix)」(from「Black Radio Recovered The Remix EP」EP)
・Robert Glasper Experiment「Twice (?uestlove’s Twice Baked Remix)」(from「Black Radio Recovered The Remix EP」EP)

Jay Dee作品への参加でも知られるジャズピアニストRobert Glasperが
ジャズはもちろんのこと、ヒップホップをはじめ、様々な音楽ファンをも
巻き込んだ傑作アルバム「Black Radio」。
そのリミックスEPとなる「Black Radio Recovered The Remix EP」に
収録の「Twice (?uestlove’s Twice Baked Remix)」へとミックスは展開する。
先頃、来日イベントも行ったRootsのドラマー?estloveによるこのリミックス
バージョンはソリッドなビートに静かにしっとりと歌い上げる
Solange Knowlesのヴォーカルが心に染み渡る一曲。




Visioneers「Come And Play In The Milky Night」(from「Hipology」Album)
・Visioneers「Come And Play In The Milky Night」(from「Hipology」Album)

ミックスは終盤を迎え、tribeからアルバムもリリースしているMarc Macに
よるプロジェクトVisioneersによる「Come And Play In The Milky Night」が
チョイスされる。
元はポストロックグループSteleolabによるこの曲だが、ここではやはり
Jay DeeプロデュースによるBusta Rhymes「Show Me What You Got」の
ネタとしての意味合いの方が強いと言える。
ヒップホッププロデューサーが現在進行系のしかもポストロックをネタとして
引用するという事柄自体が非常に衝撃的かつ独創的でありながらも、その作品が
非常にヒップホップファンの心を捉えたものとなったという意味に於いては
Jay Deeの幅広い音楽性と飽くなき探究心をまざまざと見せつけた
「隠れた名曲」と言えよう。
そして、ジャンルをワンクッション跨いでカバーするという非常にユニークな
カバーセンス、そしてあえてこの曲を今回のミックスの中にチョイスした
Sagaraxxの高度なコンテクストの読み解きもにも注目したい。




Domenico「Peteleco Zum」(from「Cine Prive)」Album)
・Domenico「Peteleco Zum」(from「Cine Prive)」Album)

ミックスは少しブラジル方面にも寄り道をしていく。
Caetano Velosoのサポートメンバーをはじめ、その息子であるMoreno Velosoとの
ユニット「Moreno+2」でも活動する新世代のブラジリアンクリエイターDomenicoが
LAのレーベルPlug Reserchからリリースしたアルバム「Cine Prive」からの
一曲「Peteleco Zum」。
軽快かつ緻密に配置されるリズム、ホーン、ギターリフが不思議なグルーヴを生み出し
ながらもブラジルの風を感じさせてくれる一曲。





Coffee&Cigarettes Band「from C&C with Love pt2.」(from 「From C&C With Love」12inch)
・Coffee&Cigarettes Band「from C&C with Love pt2.」(from 「From C&C With Love」12inch)

そしてミックスのラスト飾るのは、自身とDJ KenseiによるプロジェクトCoffee&Cigarettes Bandによる最新リリース作「From C&C With Love」からの
一曲「from C&C with Love pt2.」。
軽快に繰り出されるパーカッシブなブラジリアンビートがスイッチされていくこの
曲は、音楽をはじめ様々な形の「愛」をテーマに制作されたもの。
震災後直後の混乱の中で制作をスタートしたという本作は、迫り来る様々な
苦難の中でも音楽を通じて常にオープンマインドでありつづけようとする
彼らの深い「愛」と「信念」が投影されたものとなっている。
そしてこれからも二人が放つ「愛の光」は更に輝き続けるであろう。




DJ SAGARAXX



Coffee & Cigarettes Band名義としてのリリースは『sessions』『sessions – live at forestlimit』 (disques corde) 、又LAのアーティストCarlos Ninoのユニット”’Turn On The Sunlight”のremix album『remixes / collaborations』に曲を提供。コンピレーション『LA♥JAPAN♥LA VOL.1』にも参加。

東京都出身。1990年代後半からDJを始める。自身初となるMix作品『トウキョウシティブルーズ』、次いで『ELEVATION POINT』、『FLOATING POINT』を発表。又、ex.LoopJunktionのラッパ-:山仁との1MC×1DJのライブアクトとしても活動を展開。2007年からDJ Kenseiとのプロジェクト、Coffee & Cigarettes Bandとして楽曲を制作しリリースを重ねている。2009年1st Album 『love thing』(electricroots)をリリース。ここ数年はDJ活動/楽曲制作と平行しミュージシャンとのlive sessionにも積極的に参加している。

2013年、Coffee&Cigarettes BandのNew 12Inch E.Pそして2nd Albumをリリース予定。

*リリース告知
Coffee&Cigarettes BandのNew 12inch EP
“from c&c with love” (electricroots)が春頃リリース予定です。
是非チェックしてください。


*DJ イベント告知
Every 3rd Tue “Dream Cathcer” at Aoyama Hachi





Next Notice

次回2月の「Exclusive Mix from hydeout productions official store tribe」は、
tribeからもリリースを行っているMarcus Dによるエクスクルーシブミックス!

Exclusive Mix from hydeout productions official shop tribe


USEN

D-63 JAZZY HIP HOP
平日
22:00〜23:00
土日
12:00〜13:00
18:00〜19:00
22:00〜23:00 

1時間番組(月間更新)

※月〜金 12:00〜13:00は
アーカイブ放送として
今までのMIXをランダムに
オンエア中。




2013年2月放送分

metaphorical music



Track List

“USEN mix Feb mixed by Sagaraxx

1.Georgia Anne Muldrow & Madlib ‎– Seeds
2. Maxayn –Bail Out
3.Stevie Wonder- All Day Sucker
4.Little Sister ‎– Stanga
5.Shuggie Otis ‎– Happy House
6.T. Dyson And Company – It’s All Over
7.Jay Dee ‎ – Brazilian Groove (EWF)
8.Robert Glasper Experiment – Cherish The Day
9. Robert Glasper Experiment – Twice (?uestlove’s Twice Baked Remix)
10.D’Angelo -The Root
11.Visioneers ‎- Come And Play In The Milky Night
12.Domenico- Peteleco Zum
13.Coffee&Cigarettes Band – from c&c with love pt2.



Hipology(LP) – Visioneers

LP
¥2,300



Black Radio Recovered The Remix EP(12″) – Robert Glasper Experiment

12″
¥1,544



BOOK

サウンド&レコーディング・マガジン 2013年2月号にて付録CD連動特別企画としてCoffee&Cigarettes Bandが参加。

詳しくはこちらから
リットーミュージック




カテゴリー: Archive, Special, usen | コメントをどうぞ

2013 January Mix for USEN by Lex (de Kalhex)

2013 January Mix for USEN by Lex (de Kalhex)
Text = FK


2013年第一弾のExclusive Mix from hydeout
productions official shop tribe」を手がけるのは、昨年 INIの
Grap Luva、Rob-Oをフィーチャーしたアナログ12inchをリリースしたことでも
話題となったフランスの新鋭グループKalhexのビートメイカー&プロデューサー
Lexによるエクスクルーシブミックスをお届けします。

既にインターネット上では楽曲・アルバムを多くリリースしており
90年代のHipHopの温かみのある豊かな音楽性を感じさせる
アレンジとハイセンスなネタ選びが、過去の偉大な先人達への敬意も
感じさせるtribe注目のアーティストの一人である。

実は彼のリリースしていた12inchアナログレコードをtribeで扱っていたのを
Lex本人が知り、元々nujabes~hydeout productionsの作品にも彼が強い
シンパシーを感じていたということで交流が始まり、2013年上旬には
彼のインストアルバム「Full Cycle」の日本流通盤はtribeからのリリースを
予定している。

その実に地に足着いた完成度の高いビートプロダクションも去ることながら
よりディープな音楽の世界観に共感できるスピリチュアルな音楽思想の
一面も持ち合わせており、それらは彼の楽曲のモチーフとなっている
ネタ選びという側面からも伺い知ることができる。

今回もそんな彼がどのような内容のミックスを届けてくれるのか非常に
興味深いところであったが、オーセンティックなヒップホップを基軸に
ジャズ、フュージョン、プログレッシブロックに至るまでを
ごく自然に織り交ぜ一つの音の物語を紡ぎ上げてくれた。

しっかりと刻まれるビートに絡められるメロウ&ディープな世界観が存分に
ミックスに反映されており、彼が強く影響されてきた音楽達を新旧問わず
自分のフィルターを通して多くの人々に伝えたいという情熱が滲み出た
素晴らしい内容となっている。

新たな幕開けとなる2013年1月。音楽への情熱溢れるLexのミックスを
是非聴いてみてください。

<Lex (de Kalhex)からのコメント>

“I feel music as I look at a painting or a drawing. I can easily see abstract shapes and colors that find echoes in each other.
I tried to do that mix by searching for those echoes between sounds textures that made my soul vibrate. I hope you’ll vibe with me.”
-Lex (de Kalhex)

“USEN mix January mixed by Lex (de Kalhex)


01. Pharoah Sanders – Astral Traveling
02. The Midnight Eez – Childhood Memories
03. Mekolicous feat. Rob-O – What U Waiting 4
04. The Crusaders – Serenity
05. Jamal – Fades’em All (Instrumental)
06. Grap Luva- Keywaves
07. 3582 feat. Pase Rock – Late Night
08. Kev Brown feat. Grap Luva – Power Bars
09. 3582 – Mc2
10. Soft Machine – Pigling Bland
11. Dj Spinna – Terror Works
12. Kalhex feat. Grap Luva – Perspective(s)
13. The U.N – What They Want
14. Eric Lau – Water
15. Diamond D feat. Busta Rhymes – This One
16. Scientifik – Fallen Star
17. Freddie Foxxx – Industry Shakedown
18. Dj Muggs & GZA – General Principles
19. Pete Flux & Parental – Right Here (from the forthcoming EP “Traveling Thought”)
20. Sun Ra – Jazz From An Unknown Planet
21. All City – Afta Hours
22. Little Brother – Home
23. Lex (de Kalhex) – Crosswinds (from the forthcoming LP “Full Cycle”)
24. Miles Davis – Rated X



[ 一部収録曲紹介 ]


Pharoah Sanders - Astral Traveling
・Pharoah Sanders 「Astral Traveling」(from「Thembi」Album)

神聖かつ幻想的なエレピが漂うPharoah Sandersによる
「Astral Traveling」でミックスは幕を開ける。
nujabesが最も敬愛し、その独自の音楽観・世界観に
大きく影響されてきた特別な存在でる。
宙を舞うかのようなエレピのフレーズに小鳥のさえずりが
音の楽園へと聞き手を誘う美しい一曲。





The Midnight Eez - Childhood Memories
・The Midnight Eez「Childhood Memories」(from「The Midnight Eez」Album)

続く2曲目はアイルランドはダブリンの人気レーベルAll Cityから
リリースされたThe Midnight Eezによる「Childhood Memories」。

実は音源自体は90年代に実際に本人達から手渡されていたもので
レーベル主宰者が引っ越しの際に偶然そのデモテープを見つけて
再度聴き直してみたところ、そのあまりの内容の素晴らしさに
再リリースを踏み切ったという曰く付きの作品である。

当然、本人達にも連絡が全くつかず、彼らと再び会えることも
願いながら作品をリリースしたという経緯もあり、その内容も
去ることながら、多くのヒップホップファンがその後の経緯も
見守ることとなった。

ノスタルジックかつ温かみのあるラグドなビートに
ソウルフルなループが展開される味わい深い
インストビートとなっている。




・Mekolicous feat. Rob-O「What U Waiting 4」(from「Mention Me」12inch)

ソウルフルなThe Midnight Eezに続くはPete Rockの
プロデュースによるMekolicous feat. Rob-O「What U Waiting 4」。

フィルター処理された曇ったハープの音色に浮遊感溢れるエレピと
サックスのフレーズが折り重なるムーディーなビートに
アグレッシブなMekolicousとクールに淡々とラップするRob-Oとの
コントラストが印象的な一曲。

因にこの曲はアナログレコードではRob-O feat.Mekolicous
「Mention Me」としてリリースされており、日本への流通は
Guinness Recordsが行ったという経緯がある。




3582
・3582「MC2」(from「The Living Soul 」Album)

今年、tribeからもアルバムをリリースしたFive DeezのFat Jonと
Lone CatalystのJ.Rawlsによるユニット3582による2001年リリースの
アルバム収録曲「MC2」へとミックスは展開していく。

Mary Watkis「Water Wheel」の美しいピアノプレイをあしらった
メロウかつスピリチュアルなトラックにFat JonとJ.Rawlsの
ラップが展開していく一曲。
元々は地元の同級生という二人の抜群のコンビネーションが聴ける
2000年代前半のアンダーグラウンドシーンでの名作の一つである。





Soft Machine / fifth
・Soft Machine「Pigling Bland」(from「Fifth」Album)

ミックスの中盤に挿入されるのはイギリスはカンタベリーを拠点に
活動していたプログレッシブロックグループSoft Machineの
5枚目のアルバムからの一曲「Pigling Bland」。

7拍子という非常に特異なビートを軸に、エレピとサックスが
スリリングに展開するジャズの要素が非常に強いカンタベリー系
特有の曲調となっている。
プログレッシブロックをミックスのルーティンに織り混ぜるのも
珍しいが、非常に彼らしいセンスによる選曲といえる。




Kalhex feat. Grap Luva / Perspective(s)
・Kalhex feat. Grap Luva「Perspective(s)」(from「Perspective(s)」12inch)

そしてLex自身の作品がミックスに登場する。
INIのメンバーであり、Pete Rockの実弟でもあるGrap Luvaを
迎え、満を持してアナログリリースした12inch収録の
「Perspective(s)」。

ラグドなロービートに浮遊感溢れるスペイシーかつメロウな
エレピのループの乗せて、彼らとGrap Luvaのライミングが
展開されるアンダーグラウンドチューン。
クールなテンションで統一された曲の空気感が実に心地よい
秀作となっている。




Eric Lau「Water」
・ Eric Lau「Water」(from「Quadrivium」Album)

そして更にミックスは展開していく。
ロンドンを拠点に活動する中国系のプロデューサーEric Lauによる
この「Water」はタイトに刻まれるロービートにスペイシーな
エレピのフレーズが絶妙にカット&ペーストされたインストチューン。
ここでも実に彼のセンスとこだわりを感じさせてくれる選曲と
なっている。




・Lex (de Kalhex) – Crosswinds (from the forthcoming LP 「Full Cycle」)

ミックスも終盤になり挿入されるのは、2013年上旬にリリース予定の
彼のインストアルバム「Full Cycle」からの一曲「Crosswinds」。
流れるようなピアノループがムーディーにたなびく中、スペイシーな
シンセからエレピ&サックスの心地よいループへと展開している
彼の持ち味が存分に滲み出たインストチューンとなっている。

尚、このアルバム「Full Cycle」はJapan Limited仕様盤として
tribeからのリリースが予定されている。





Miles Davis「Rated X」
・Miles Davis「Rated X」(from「Get Up With It」Album)

そしてミックスはMiles Davisによる「Rated X」で幕を下ろす。

モードジャズの発明や楽器の電化など様々な革命を起こして来た
Miles Davisの衝撃作の一つであるこの「Rated X」は強烈に
打ち出される変則的なドラムビートに呪術的なオルガンの
コード、かき鳴らされるワウギターが飛び交う壮絶なアレンジ
となっている。

いわゆるジャズのイメージとはほど遠いこの曲は、彼を突き動かして
きたジャズ、ロック、ソウル、ファンクなどのエネルギーが
渾然一体となり激しくスパークした一曲といえる。

渦巻くビート&グルーヴ中で放出される凄まじいエネルギーが
聞き手を圧倒するこの曲をラストにセレクトするあたりが
Lexの今後の音楽世界の行方を示唆しており非常に興味深い。




Lex (de Kalhex) profile:


Lex(MC, Producer)、Parental(DJ/Producer)、Le Makizar(MC/Producer)の3人からなるフランス出身のグループ「Kalhex」のメンバーの一人。
2008年に自らのレーベル「Akromégalie Records」を立ち上げ、2009年に「Kalhex」の1st Albumをリリース。
2011年にはLexのソロインストアルバム「Perfect Picture」をリリース、2012年にはPete Rockの伝説的グループである「InI」のGrap LuvaとRob-Oを
フィーチャーした12”マキシシングルをリリースし話題を呼んだ。またRob-Oはこれをきっかけにはじめてライブをヨーロッパで行った。
ソロとしても2012年、友人でもあるプロデューサー「Art Pattern (Mind Conscience Records) 」とスプリットで7″シングル「Organic Extensions」をリリース。
2013年にはフルインストアルバム「Full Cycle」をリリース予定であり、日本のリリースをhydeout productionsのオフィシャルショップ「tribe」から
リリースする事が決まっている。

Discography:

Kalhex – Kalhex [CD/ Akromégalie records, 2009]
Lex (de Kalhex) – Perfect Picture [Instrumental 2xLP/ Akromégalie records, 2011]
Kalhex feat Grap Luva & Rob-O – Perspective(s) [Maxi 12"/ Akromégalie records, 2012]
Kalhex – Kalhex [Re-Issue 2xLP/ HHV.DE, 2012]
Art Pattern & Lex (de Kalhex) – Organic Extensions [Instrumental 7"/ Akromégalie records, 2012]



Next Notice

次回1月の「Exclusive Mix from hydeout productions official store tribe」は、
Coffee & Cigarettes Bandのメンバーである「DJ SAGARAXX」によるエクスクルーシブミックス!

Exclusive Mix from hydeout productions official shop tribe


USEN

D-63 JAZZY HIP HOP
平日
22:00〜23:00
土日
12:00〜13:00
18:00〜19:00
22:00〜23:00 

1時間番組(月間更新)

※月〜金 12:00〜13:00は
アーカイブ放送として
今までのMIXをランダムに
オンエア中。




2013年1月放送分

metaphorical music



Track List

“USEN mix January mixed by Lex (de Kalhex)

01. Pharoah Sanders – Astral Traveling
02. The Midnight Eez – Childhood Memories
03. Mekolicous feat. Rob-O – What U Waiting 4
04. The Crusaders – Serenity
05. Jamal – Fades’em All (Instrumental)
06. Grap Luva- Keywaves
07. 3582 feat. Pase Rock – Late Night
08. Kev Brown feat. Grap Luva – Power Bars
09. 3582 – Mc2
10. Soft Machine – Pigling Bland
11. Dj Spinna – Terror Works
12. Kalhex feat. Grap Luva – Perspective(s)
13. The U.N – What They Want
14. Eric Lau – Water
15. Diamond D feat. Busta Rhymes – This One
16. Scientifik – Fallen Star
17. Freddie Foxxx – Industry Shakedown
18. Dj Muggs & GZA – General Principles
19. Pete Flux & Parental – Right Here (from the forthcoming EP “Traveling Thought”)
20. Sun Ra – Jazz From An Unknown Planet
21. All City – Afta Hours
22. Little Brother – Home
23. Lex (de Kalhex) – Crosswinds (from the forthcoming LP “Full Cycle”)
24. Miles Davis – Rated X



Perspective (s) / La Fine Ligne(12″) – Kalhex

CD
¥1,292



Organic Extensions(7″) – Art Pattern / Lex of Kalhex

CD
¥1,089



Organic Extensions(MP3) – Art Pattern

CD
¥250



Organic Extensions(MP3) – Lex of Kalhex

CD
¥250




カテゴリー: Archive, Special, usen | コメントをどうぞ

Luv(sic) Part 5 – nujabes featuring Shing02

Luv(sic) Part5 nujabes featuring Shing02


テーマは「出会い」から「別れ」へ、
nujabes と Shing02 で紡ぎ上げられた音楽叙情詩 第五弾「Luv(sic) part 5」がリリース。 (続きを読む…)
カテゴリー: Archive, Special, products | コメントをどうぞ