2012/11/23(fri) Substantial & Marcus D = Bop Alloyの来日イベント開催

昨年2011年は渋谷のDeceoでやったSubstantialとMarcus D
そしてその仲間達によるイベントが今年もやる事になり
僕もDJで参加します。




去年のイベントまでSubstantialとは、イベントやお店で顔を合わせることは
あってもすれ違いが多く、軽く挨拶する程度だったのですが、前回で
初めて同じ現場で一晩まるまる過ごし色々と話したり乾杯したりしました。
とてもポジティブで前向きなSubstantial、繊細で生真面目なMarcus D
そしてドープで幅広いプレイを繰り広げる彼らの仲間のDJ陣達とも
音楽を通じてとても楽しい時間を過ごすことができたのが印象的でした。
まず、今年も彼らとまた再会できるのが嬉しいです。

今年は去年とは違う渋谷のGameというクラブでの開催です。
前回同様、元ギネスレコーズのMana-Bu君と今回はTSU君も一緒にやります。

そして何よりも楽しみなのは、普段なかなか顔を合わせたり話したり
することができないtribeのお客さんとまた会って話せることです。
実はこの間のイベントのMemory Laneでもtribeのブログを見て
何人かのお客さんが来てくれました。
とてもビックリしましたが本当に嬉しかったです。CDも渡せて良かった。

今回のイベントも皆さんに会うのを楽しみにしていますね。

FK
カテゴリー: Archive, Blog, Event, FK | コメントをどうぞ

Memory Lane 5周年、そしてアニバーサリーアルバム。

久々にBlogに書きます。

直前の告知になってしまいましたが、僕と仲間達でやってる
イベント「Memory Lane」が早いもので今回でちょうど5周年となります。

渋谷のオルガンバーの上にある小さなクラブバー「Ball」でやっていて
元々は90年代のHipHopを中心にプレイするイベントとして始めたのですが
時が経つにつれ、そこから派生する音楽、それらのルーツとなる音楽も
積極的にプレイするようになりました。

イベントを始めた当初はメンバーもほとんどがみんな初対面での
スタートだったのですが、今ではもうプライベートでも頻繁に
ご飯を食べたり、クラブやレコードハンティングに行ったりして
みんな本当に仲が良いんです。

そんなMemory Laneが5周年を迎え、この節目にメンバーの
Matsuさんが何かやろうよという呼びかけで、90年代のHipHopの
名曲を自分でオリジナルのリミックスを制作してアルバムにして
ノベルティーとして今回イベントに来てくれたお客さんに配ろうと
いうことになりました。



というのも、このMemory Laneのメンバーのほとんどが
トラックメイカーでもあるという側面を持っているからです。
しかも、CDRではなく、ちゃんとしたCDにプレスして配ろうということに。

よくミックスCDRをノベルティーとして配るイベントはありますが
いちいちCDをプレスに出してパッケージとして配ることはほとんど
無いと思いますが、今回はメンバーの熱い思い入れもあって
しっかり作り込むことになりました。
マスタリングも近頃はhydeoutのマスタリングも手がけてるNoah君に
お願いして、しっかり音質も作り込んでもらいました。

ジャケットのアートワークは大阪の「ROOTDOWN RECORDS」のスタッフでもある
Mash君。彼には今回のゲストDJとしても参加してもらうことになりました。

まあ、完成までには紆余曲折あったのですが、、、(笑
結果、それぞれのグルーヴ感覚が存分に反映された良いアルバムになりました。



01.Welcome! Pt.2(Quaro’s Intro)
02.Can’t Wait (NOZOMONE Remix)
03.Searching For The Sanctuary (FK’s Skit)
04.Movin’ On Ya Weak Production(Quaro Remix)
05.How Many Emcee’s (Tosh Remix)
06.ShakeItBoogieMen (NOZOMONE’s Skit)
07.Take You There(FK Remix)
08.I Like It (DJ SIMULACRE Remix)
09.Numbers (Quaro Remix)
10.Matsu’s Skit
11.On The Road Again (DJ SIMULACRE Remix)
12.Tosh’s Skit
13.I Can (DIG-IT Remix)
14.Skit 2 The Roots (DJ SIMULACRE’s Skit)
15.It Ain’t Hard To Tell (Matsu Remix)
16.Somehow,Someway (NOZOMONE Remix)
17.Crossover Twelve(FK’s Skit)
18.One Love(FK Remix)

上の音源はアルバムの楽曲をかいつまんでミックスしたサンプル音源なのですが
実際はスキット(小曲)を含めた18曲を収録しています。
今のところイベントのノベルティーとして配るのみで販売の予定は全くありません。

このアルバム制作は本当に大変でしたが、それ以上にメンバー各々が
作っていて本当に楽しくやれたと思うし、お互い良い刺激になったとも
思います。みんな早く配りたくてウズウズしてます(笑

イベント配布用ですので、今のところ販売の予定は全くないので
ぜひMemory Laneに来てもらってやってください。
あと、エントランスで「tribeのブログを見た」と言ってもらうと
ディスカウントで入れます。

Memory Lane @ Club Ball
2012/9/14(fri) 22:00~

~23:00 2000yen+2D
23:00~ 2000yen+1D

<「tribeのブログを見た」で 1500+1D>

4th ANNIVERSARY SPECIAL GUEST DJ
Dj Mash(Root Down Records)

http://www.rootdownrecords.jp/

※イベントに来てくださった皆さん全員にもれなく
Memory Laneメンバーが往年のクラシック曲をRemixした
メモリーレーン5周年記念アルバム『REINTERPRETATION』を進呈。

Real DJ’s:
matsu(RBF Soundsystem)
FK(tribe/Guinness Records)
YAMANZEL
Kawane Koji
Tosh(Climber)
Quaro  
DIG-IT(MEATERS)  
KSK
nozomone

<タイムテーブル>

10:00〜10:45 Yamanzel

10:45〜11:30 Kawane Kouji

11:30〜0:15 Matsu

0:15〜1:00 Quaro

1:00〜2:00 DJ Mash

2:00〜2:45 Nozomone

2:45〜3:30 Tosh

3:30〜4:15 FK

4:15〜5:00 KSK
カテゴリー: Archive, Blog, Event, FK, Recommend | コメントをどうぞ

3/9(金) Memory Lane – Guest DJに大塚広子さん

イベント当日&直前となってしまいましたが、、
僕が隔月で主宰しているイベント「Memory Lane」が本日3/9(金)開催です。





今回のゲストは普段はDeepなJazzやレアグルーブを中心にプレイされている
DJ、大塚広子さんです。
近頃は非常に内容の充実した数々のMix CD、そして都内はもちろんのこと
全国各地でのDJやJazz喫茶等でのクラブイベントとはまた違った
シチュエーションでのプレイや音楽の魅力を伝える活動をされておられて
毎回、フロアでのプレイやお話を聴くたびに、音楽への愛情をとても
感じさせてくれる素晴らしいDJです。

Memory Laneというイベントは、その名のとおり90′s HipHopの魅力を
再評価・再確認しながら過去・未来のGrooveを探求していくというのが
コンセプトで始まったイベントなのですが、今回はダメ元で大塚さんに
「HipHopオンリーのセットでDJお願いできますか?」とお願いしたところ
快く引き受けてくださったので本当に嬉しかったです。

(僕の持つ個人的な)大塚さんのDJのイメージは、レアグルーヴ的な解釈のものも
織り交ぜつつ、更にディープなジャズの生み出すウネりや歪みそしてグルーヴを
絶妙に拾い上げ整合させながら曲を繋いで行くという感じなのですが
そんな彼女がプレイするHipHopとはどんなものなのか??
個人的にも興味津々な今回のMemory Laneです。

今夜はジャンルはどうあれ、みんなが「一つのGrooveで繋がる夜」が
体験できそうです。
お時間のある方は、是非遊びに来てください。

FK

Memory Lane Info – http://www.facebook.com/events/368196736532577/

大塚広子 Official Site

<大塚広子 profile - オフィシャルサイトより抜粋 - >

2004年以降、本格的なDJ活動と音源紹介から全国的な現場の支持を得て
ワン&オンリーな”JAZZのグルーヴ”を起こすDJとしてその存在を不動のものとする。
幅広く柔軟なJazzの切り口と、徹底したアナログ・レコードの音源追求から生まれる
説得力、繊細かつ大胆なプレイで、多くの音楽好きを唸らせそして踊らせる。
渋谷TheRoomにて10年目に突入する人気イベント「CHAMP」でのレギュラーDJ
ジャズ・ライブ・ハウス、六本木アルフィーでのメインDJ/プロデュースを中心に
日本中のパーティーに出演。ファッション雑誌他音楽雑誌等での音源紹介
ディスク・ガイドの執筆活動も行う。
2010年スペインでのDJ招聘、「FUJI ROCK FESTIVAL」の出場。同年、日本の
ジャズ・レーベル「トリオ」のMIXCDを監修制作。2011年末には、80′s後期~90′sに
フォーカスした日本発2レーベル「somethin’else」(EMI Music Japan)と
「DIW」(DISK UNION)のMIXCDを同時発売。2012年、新宿PIT INNや
BLUE NOTE TOKYOに出演し、DJとしての活動を広げている。
カテゴリー: Archive, Blog, FK | コメントをどうぞ

カフェ・アプレミディ12周年記念パーティー

このあいだの日曜日、橋本徹さんのCafe Apres-midiが12周年を迎えるということで
記念パーティーがあり、Uyama Hiroto & haruka nakamuraがライブを行うこともあり
遊びに行ってきました。



橋本徹さんといえば「Suburbia Suite」や「Free Soul」。
ちょうど僕がHipHopのレコードを買うと同時に、昔のJazzやSoulなどのレコードも
買い始めた頃「Suburbia Suite」という音楽とレコードを紹介している本が僕たちの
仲間の間でもよく話題になっていました。






それまでレコードを集めていく基準は、海外のムーブメントを追っかける感じの流れが
主流でしたが、この「Suburbia Suite」はもっと自由で、僕たちの感覚が自然に共感できる
音楽が紹介されていてとても鮮烈だった印象でした。
SoulもJazzもRockもBrazlian Music,etc…もジャンルは違うのに一つのジャンルのように
聞こえるその世界観には直接的であれ、間接的であれレコードを聞いていた人で影響を
受けなかった人はいなかったと思います。

今月のBRUTUS誌にも橋本さんがnujabesのアルバム紹介文と共に
書かれていますが、昔、橋本さんが主催されていたDJ Bar Inkstickでのイベント
「Free Soul Underground」で若き日のnujabesが熱心に通っていたそうで
彼があらゆる面で影響を受けてきたのが伺い知れます。





そんな橋本さんのお店、Cafe Apres-midiの12周年を記念する一夜に
お邪魔してきたのですが、橋本徹さんや吉本宏さん、小林恭さんそれぞれが
実に幅広く、音楽愛を感じさせてくれる奥行きのあるプレイを
繰り広げてくださいました。世の中、まだまだ知らない素晴らしい音楽が
あることを改めて感じさせられました。
そして、Uyama Hirotoとharuka nakamuraのライブも
気心知れた人たちが多かったせいもあり、いつもより
リラックスしたムードで、サプライズ的な即興演奏から
最後のみなさんからのアンコール等、とても心温まるものでした。

Cafe Apres-Midiに来て、色々な方々と話しているといつも思うのは
本当にみなさん音楽が好きなんだなということ。
「あの○○のレコード本当に良いよね」とか、「あのアーティストは本当に素晴らしいよね
好きなんだよね」といった会話が流れている音楽と共に、至るところでみんな楽しそうに話してる。
そんな場所はなかなか無いと思います。音楽の話も存分に出来て本当に楽しい一夜でした。

改めて12周年おめでとうございます。 また近いうちにお店に伺います。

FK


それでは橋本さんのコンパイルした作品を


・ V.A – 「Jazz Supreme – Spiritual Waltz-A-Nova」

「スピリチュアル」と「ワルツ」をキーワードにコンパイルされた一枚。
Pharaoh Sandersの作品での演奏でも知られるピアニストJohn Hicksの名曲
「After The Morning」等、崇高な美しさを放つ楽曲揃いの内容の濃い一枚です。




・ V.A – 「Mellow Beats , Rhymes & Visions」

メロウなアンダーグラウンドヒップホップにフォーカスしたこのシリーズは
実に奥深い視点から厳選された非常にクオリティーの高いコンピレーションです。
これらの楽曲が収録されている作品を集める+チェックするのは至難の技だと
思うのと、このコンピレーションが醸し出す統一感とクオリティー、そして
選曲の流れは実に聞いていて心地よいです。





カテゴリー: Archive, Blog, Event, FK | コメントをどうぞ

Janis Crunch & haruka nakamura,Helios



本日、Janis Crunch & haruka nakamuraによるアルバム「12 & 1 SONG」がリリースされました。
空気が澄み渡るこの冬の季節に、ほのかな温かさを感じさせるヴォーカルとピアノの旋律が
味わい深い作品となっています。


こちらに特集ページを作ったのでチェックしてみてください。

Janis Crunch & haruka nakamura 「12 & 1 Song」特集ページ


Janis Crunchの歌声は既にharuka nakamuraの作品をお聴きになっている人達には
お馴染みの歌声かと思いますが、彼女のヴォーカルは独特の艶やかさがあって良いですよね。
今回はそのヴォーカルの魅力がフルに活かされた素晴らしいものとなっています。
今回のアルバムのインフォの中に「聖夜」という単語が使われていましたが
この冬の季節、ひんやりとした空気が夜空をクリアーに映し出してくれて
とても神聖な雰囲気にしてくれます。そういえばみなさん先日の「皆既月食」や
「ふたご座流星群」は見ましたか??僕は皆既月食は見る事ができて
幻想的な「赤い月」を眺めていました。「ふたご座流星群」は、、、
あまりの寒さに断念しました、、。そして、もうすぐクリスマスですね。

今年は震災をはじめ本当に色々なことがありましたが、このアルバム、そしてJanis Crunchの
歌声に耳を傾けながら一年を色々と思い振り返ってみるのも良いかもしれません。

  

そして、今回のアルバムで隠れたトピックとも言えるのがマスタリングをKeith Kenniffが
手がけているということ。彼はHeliosやGoldmund名義で素晴らしい作品をリリースしています。
ジャンル的にはアンビエントやダウンテンポになると思いますが、数ある同じジャンルの
アーティストの作品の中でも、彼の作品は楽曲としても素晴らしく際立ったクオリティーを
感じさせてくれます。彼をマスタリングエンジニアに迎えるとは何とも贅沢&素晴らしい人選!
昔はマイアミのMerckからもアルバムを出していたり、Sono名義でBjorkの「Hyperballad」の
素晴らしいカヴァーをしていたりと幅広い活躍を展開しているアーティストです。

今回は合わせて彼のお勧めのアルバムを2枚入荷したのでチェックしてみてもらえたらと
思います。


FK

カテゴリー: Archive, Blog, FK, New Release, Recommend | コメントをどうぞ