2012/11/23(fri) Substantial & Marcus D = Bop Alloyの来日イベント開催

昨年2011年は渋谷のDeceoでやったSubstantialとMarcus D
そしてその仲間達によるイベントが今年もやる事になり
僕もDJで参加します。




去年のイベントまでSubstantialとは、イベントやお店で顔を合わせることは
あってもすれ違いが多く、軽く挨拶する程度だったのですが、前回で
初めて同じ現場で一晩まるまる過ごし色々と話したり乾杯したりしました。
とてもポジティブで前向きなSubstantial、繊細で生真面目なMarcus D
そしてドープで幅広いプレイを繰り広げる彼らの仲間のDJ陣達とも
音楽を通じてとても楽しい時間を過ごすことができたのが印象的でした。
まず、今年も彼らとまた再会できるのが嬉しいです。

今年は去年とは違う渋谷のGameというクラブでの開催です。
前回同様、元ギネスレコーズのMana-Bu君と今回はTSU君も一緒にやります。

そして何よりも楽しみなのは、普段なかなか顔を合わせたり話したり
することができないtribeのお客さんとまた会って話せることです。
実はこの間のイベントのMemory Laneでもtribeのブログを見て
何人かのお客さんが来てくれました。
とてもビックリしましたが本当に嬉しかったです。CDも渡せて良かった。

今回のイベントも皆さんに会うのを楽しみにしていますね。

FK
カテゴリー: Archive, Blog, Event, FK | コメントをどうぞ

fat jon new release and usen mix!!!

2001年にリリースされた”koolmotor”は今でも良く聞くアルバムの一枚で、
当時ライブを見た時の印象は今でも脳裏に焼き付いている。
その後、k7からの”kinkynasti”や”kommunicator”のアルバムをリリースしてきた
“Five Deez”その中心的存在とも言うべきfat jon。

ソロでも”Repaint Tomorrow”や”wave motion”、”lightweight heavy”や、
J.Rawlsとのユニット”3582″等々良質のアルバムを多岐にわたりリリースして来ている。
サムライチャンプルーでもnujabes等と共に挿入歌を担当していたのも、
彼の大きな業績だろう。

そんな中でもなんと言っても僕にとって”lightweight heavy”は本当に印象的で衝撃的なアルバムだった。
(今は販売されていないアルバムになっていしまいましたが。)

全体を通してメロディーもさることながら、ドラムの質感だったり、打ち方がとにかくかっこよかった。
後から聞いた話だけど、あのアルバムはnujabesのスタジオであるPark Avenue Studioで
制作されたものらしく、それもまた親近感を覚えるエピソードの一つだった。



そんなfat jonが今月10月に実に3年ぶりのアルバムをリリースする。
CD化となるのは日本のみで枚数も限定のアルバムになっている。
内容はというと、近年歌もの等をやっていた印象というよりはどちらかというと
“Lightweight Heavy”に近いフルインストアルバムになっていて、
じっくりと長く聴き込めるアルバムになっている。
また随所に新しいサウンドや音楽性に挑戦している節が見え、
fat jonがアーティストとしてまだまだ進化の過程であるのが解るアルバムだと思う。
個人的にはtr. 5の”Galaxy class”やtr. 7″little green book”等はオススメの曲です。
またtribeからはアルバムの曲と未収録曲を収録したE.Pレコードを11月くらいにリリースする予定なので、
アナログでも楽しんで頂ければと思います。

Latest tracks by fat jon: ample soul



また毎月色々なDJがミックスを制作してくれているtribeのUSENでのコーナーでも
10月はfat jonが担当してくれました。
FKの収録曲紹介等の詳細をアップしていますので、そちらも一度見てもらえればと思います。
もちろん、USENが聴ける人は是非聴いてみて下さい。

Takumi
カテゴリー: Archive, Blog, New Release | コメントをどうぞ

Memory Lane 5周年、そしてアニバーサリーアルバム。

久々にBlogに書きます。

直前の告知になってしまいましたが、僕と仲間達でやってる
イベント「Memory Lane」が早いもので今回でちょうど5周年となります。

渋谷のオルガンバーの上にある小さなクラブバー「Ball」でやっていて
元々は90年代のHipHopを中心にプレイするイベントとして始めたのですが
時が経つにつれ、そこから派生する音楽、それらのルーツとなる音楽も
積極的にプレイするようになりました。

イベントを始めた当初はメンバーもほとんどがみんな初対面での
スタートだったのですが、今ではもうプライベートでも頻繁に
ご飯を食べたり、クラブやレコードハンティングに行ったりして
みんな本当に仲が良いんです。

そんなMemory Laneが5周年を迎え、この節目にメンバーの
Matsuさんが何かやろうよという呼びかけで、90年代のHipHopの
名曲を自分でオリジナルのリミックスを制作してアルバムにして
ノベルティーとして今回イベントに来てくれたお客さんに配ろうと
いうことになりました。



というのも、このMemory Laneのメンバーのほとんどが
トラックメイカーでもあるという側面を持っているからです。
しかも、CDRではなく、ちゃんとしたCDにプレスして配ろうということに。

よくミックスCDRをノベルティーとして配るイベントはありますが
いちいちCDをプレスに出してパッケージとして配ることはほとんど
無いと思いますが、今回はメンバーの熱い思い入れもあって
しっかり作り込むことになりました。
マスタリングも近頃はhydeoutのマスタリングも手がけてるNoah君に
お願いして、しっかり音質も作り込んでもらいました。

ジャケットのアートワークは大阪の「ROOTDOWN RECORDS」のスタッフでもある
Mash君。彼には今回のゲストDJとしても参加してもらうことになりました。

まあ、完成までには紆余曲折あったのですが、、、(笑
結果、それぞれのグルーヴ感覚が存分に反映された良いアルバムになりました。



01.Welcome! Pt.2(Quaro’s Intro)
02.Can’t Wait (NOZOMONE Remix)
03.Searching For The Sanctuary (FK’s Skit)
04.Movin’ On Ya Weak Production(Quaro Remix)
05.How Many Emcee’s (Tosh Remix)
06.ShakeItBoogieMen (NOZOMONE’s Skit)
07.Take You There(FK Remix)
08.I Like It (DJ SIMULACRE Remix)
09.Numbers (Quaro Remix)
10.Matsu’s Skit
11.On The Road Again (DJ SIMULACRE Remix)
12.Tosh’s Skit
13.I Can (DIG-IT Remix)
14.Skit 2 The Roots (DJ SIMULACRE’s Skit)
15.It Ain’t Hard To Tell (Matsu Remix)
16.Somehow,Someway (NOZOMONE Remix)
17.Crossover Twelve(FK’s Skit)
18.One Love(FK Remix)

上の音源はアルバムの楽曲をかいつまんでミックスしたサンプル音源なのですが
実際はスキット(小曲)を含めた18曲を収録しています。
今のところイベントのノベルティーとして配るのみで販売の予定は全くありません。

このアルバム制作は本当に大変でしたが、それ以上にメンバー各々が
作っていて本当に楽しくやれたと思うし、お互い良い刺激になったとも
思います。みんな早く配りたくてウズウズしてます(笑

イベント配布用ですので、今のところ販売の予定は全くないので
ぜひMemory Laneに来てもらってやってください。
あと、エントランスで「tribeのブログを見た」と言ってもらうと
ディスカウントで入れます。

Memory Lane @ Club Ball
2012/9/14(fri) 22:00~

~23:00 2000yen+2D
23:00~ 2000yen+1D

<「tribeのブログを見た」で 1500+1D>

4th ANNIVERSARY SPECIAL GUEST DJ
Dj Mash(Root Down Records)

http://www.rootdownrecords.jp/

※イベントに来てくださった皆さん全員にもれなく
Memory Laneメンバーが往年のクラシック曲をRemixした
メモリーレーン5周年記念アルバム『REINTERPRETATION』を進呈。

Real DJ’s:
matsu(RBF Soundsystem)
FK(tribe/Guinness Records)
YAMANZEL
Kawane Koji
Tosh(Climber)
Quaro  
DIG-IT(MEATERS)  
KSK
nozomone

<タイムテーブル>

10:00〜10:45 Yamanzel

10:45〜11:30 Kawane Kouji

11:30〜0:15 Matsu

0:15〜1:00 Quaro

1:00〜2:00 DJ Mash

2:00〜2:45 Nozomone

2:45〜3:30 Tosh

3:30〜4:15 FK

4:15〜5:00 KSK
カテゴリー: Archive, Blog, Event, FK, Recommend | コメントをどうぞ

USEN mix September




USEN mixの9月を担当してくれたのが、僕やFKも時々参加している”Meltzbow”というイベント
で、レジデンツを勤める”DJ KAZZ”が担当してくれました。

根っからのヴァイナルジャンキーといって良いほどレコードをこよなく愛する”DJ KAZZ”ですが、
DJの選曲の幅もとても広くて、今回のミックスの内容のようなテクノから、ソウル、ダンスクラシック等々、
毎回本当に楽しんでDJをしている姿が印象的なDJです。

ミックスの内容もテクノというジャンルで今までの流れとは少し異なりますが、
ふり幅の広い選曲で特に後半の盛り上がりはとても気持ちのいいミックスです。
是非USENを聴けるかたは聴いてみて下さい。

そして、10月のexclusive mixは”Five Deez”のプロデューサーでもあり、ソロとしても数々の名義で活躍する
“Fat Jon”によるエクスクルーシブミックスです。
10月には自身3年ぶりとなるアルバムの発売が決定し、tribeでも今後紹介していくつもりです。
お楽しみに。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

USEN

D-63 JAZZY HIP HOP
“Exclusive Mix from hydeout productions official store tribe”

平日
22:00〜23:00
土日
12:00〜13:00
18:00〜19:00
22:00〜23:00 

1時間番組(月間更新)

※月〜金 12:00〜13:00は
アーカイブ放送として
今までのMIXをランダムに
オンエア中。





カテゴリー: Archive, Blog, Takumi | コメントをどうぞ

modal soul classics II T-shirts


本日、modal soul classics IIの太田氏による印象的な写真をプリントしたmodal soul classics II T-shirtsの販売を開始しました。
これはhydeoutやtribeのt-shirtsボディーの別注をいつも作ってくれている、hamond arpというブランドとのコラボレーションアイテムです。

このブランドはnujabesやhydeoutとも縁があり、tribeからも7インチをリリースしているTaninakaの主宰するブランドで
T-shirtsを中心に生地やプリントにとてもこだわってアイテムが作られています。
そのhamond arpから追悼の意を込めて今回hydeout productionsとwネームでT-shirtsが作られました。

フロントには太田氏の波のプリントがされていて、後ろの襟にはhydeout productionsの文字をプリントしています。
またhamond arpのT-shirtsにはノベルティーとしてCDが毎回付属していて、それも今回購入頂いた方には付属します。

とても着心地も良いT-shirtsなので、気に入ってもらえると嬉しいです。

詳細ページへ

Takumi
カテゴリー: Archive, Blog, New Release, Takumi | コメントをどうぞ