このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 2012 April Mix for USEN by haruka nakamura
Share on Facebook

2012 April Mix for USEN by haruka nakamura


3月のAWANEに続く4月のtribeのUsen Exclusive Mixは、数々のhydeoutイベントでの
出演や、nujabesトリビュートアルバムへの参加、そして自身のソロワークや楽曲提供等で
活躍する音楽家haruka nakamuraによるエクスクルーシブミックスとなります。

これまで、2枚のソロアルバム「grace」「twilight」、そして自身の主宰する
音楽団KadanやヴォーカリストJanis Crunchとの競作等、独自の世界観で
幅広く活躍している音楽家haruka nakamura。

生前のnujabesとは、一緒に楽曲制作を行う等、お互いの音楽観に
影響を与え合ってきた間柄でもある。
近年では、hydeoutのイベントでもUyama Hirotoと共に
ライブパフォーマンスを支えるメンバーとしても活躍し
今後はhydeout prodctionからの作品のリリースも予定されている。

今回のUsenのミックスでは、haruka nakamuraが手がけた初のオフィシャルな
ミックス作品であると共に、クラブやフロアでのプレイを主軸に置かれた
これまでのtribeのミックスとは少し趣向が異なり、彼らしいメロディーや
空気感を感じさせてくれるものとなっている。

寒く厳しい冬が終わりを告げ、春の訪れと共に命の息吹を感じられる4月。
そして、桜が咲き乱れると共に、出会いと別れが交差する美しくも儚い
この季節の空気感や我々の心情を映し出すかのような優美かつ流麗な
時の流れは、まるでひとつの映画を見ているかのような感覚を聞き手に
感じさせる。
同時に、彼自身のコメントにもあるようにこれらの収録曲は彼のnujabesとの
パーソナルな思い出にも由来しているものも多数収録されている。

春の麗らかな日々に優しく響くharuka nakamuraによる
味わい深いエクスクルーシブミックス。是非聞いてみてください。

<haruka nakamuraからのコメント>

nujabesさんのスタジオに向かう電車

あの日々、いつも通っていたその道程で
ヘッドフォンから鳴っていた音楽を
選曲させて頂きました

この楽曲達を聴くと車窓を流れる都会の風景から
鎌倉の夕暮れる海岸線までの情景が今も鮮明に蘇ります

tribeの企画ということで個人的に瀬葉さんとの
想い出の選曲とさせて頂きました
特にBetter Dayは初めてスタジオに行った時に
リピートしていた曲
Shirkは彼が居なくなってしまったスタジオに
行った時に聴いていた曲
今でも特別な時にしか聴いていません

あの電車の行先には光があるようにとの
祈りを込めてmitoさんの名曲を最後に
飾らせて頂いています

haruka nakamura



2012 spring is here mix by haruka nakamura


1. Still Crazy After All These Years / 水谷浩章 – phonolite (from「Still Crazy」Album)
2. Joyful Girl feat. Dave Matthew / Soulive (from「Next」Album)
3. Lips Without Pray[祈りを知らない唇] / 半野喜弘 (from「Lido」Album)
4. F.T.B. / Robert Glasper (from「In My Element」Album)
5. Child Song / The Cinematic Orchestra (from「Ma Fleur」Album)
6. Sometime with a water lily(Suiren) / ARAKI shin (from「A SONG BOOK」Album)
7. Here It Is / Luciana Souza (from「The New Bossa Nova」Album)
8. Spring Is Here / Milli Vernon (from「Introducing」Album)
9. Yesterday / THE YOUNG GROUP (from「14」Album)
10. GENSEI / ASPIDISTRAFLY (from「A LITTLE FABLE」Album)
11. Love Will Tear Us Apart / Susanna And The Magical Orchestra (from「Melody Mountain」Album)
12. Better Day / Sound Tribe Sector 9 (from「Artifact」Album)
13. Shirk / Me’Shell Ndegéocello (from「The World Has Made Me The Man Of My Dreams」Album)
14. a pray / mito (from「DAWNS」Album)




[ 一部収録曲紹介 ]

・ 水谷浩章 / phonolite「Still Crazy After All These Years」(from「Still Crazy」Album)

柔らかなホーンのアンサンブルによるイントロから
ムーディーな女性ヴォーカルが心地よい水谷浩章/phonoliteによる
「Still Crazy」でこのミックスは緩やかに幕明ける。
元はPaul Simonによるこの曲は原曲の流れに忠実でありながらも
より繊細かつ豊かなアンサンブルアレンジが施されており
途中で挿入されるギターのソロも非常に心地よいものとなっている。

tribe web shopにて販売中



・ 半野喜弘「Lips Without Pray[祈りを知らない唇]」(from「Lido」Album)

アヴァンギャルド・前衛音楽からヒップホップ・テクノ、ダブ
ジャズ等のあらゆる音楽を非常に高いレベルで融合させながら
恐るべき精巧さと精密さを持ったその音楽構造とは裏腹に
実に自然かつシンプルな優美さを携えている。
本ミックスに収録されているこの「Lips Witout Pray」も
緻密なノイズとアコースティック楽器のアンサンブル、そして
女性ヴォーカルが溶け合う絶妙なバランスを持った一曲。



・ Robert Glasper「F.T.B.」(from「In My Element」Album)

tribeの今までのエクスクルーシブミックスの中でも登場頻度の高い
ジャズピアニストRobert Glasper。
ストレートなジャズフィールドでも活躍しつつ、J.Dillaを
はじめとしたヒップホップアーティストの競演や近頃リリース
された新作でもクロスオーバー色の強い作品を発表するなど
その音楽性は非常に幅広い。
今回取り上げられているのは2007年リリースのアルバム
「In My Element」からの美しいダウンビートナンバー「F.T.B」。
優しく輝く春の夕日に溶け込むかのような美しい響きを持った
一曲。

tribe web shopにて販売中



・ The Cinematic Orchestra「Child Song」(from「Ma Fleur」Album)

まさにその名のとおりシネマティックな空気感を
携えた作品を生み出すUKのニンジャチューン所属の
The Cinematic Orchestra。
今回収録の「Child Song」は心地よく刻まれる
ドラムロールが印象的な変拍子のビートに哀愁感漂う
エレピのバッキング、そして女性ヴォーカルが舞う一曲。

tribe web shopにて販売中



・ Luciana Souza「Here It Is」(from「The New Bossa Nova」Album)

ミックスの折り返し点となる中盤で挿入されるのは
ニューヨークを拠点に活躍するブラジルはサンパウロ生まれの
女性シンガーLuciana Souzaによる「Here It Is」。
オーガニックなボサノヴァリズムに、爪弾かれる
アコースティックギターのバッキングに乗せて歌われる
ヴォーカルが心地よいボサノバナンバー。



・ Aspidistrafly「Gensei」(from「A Little Fable」Album)

haruka nakamura自身もアルバム「twilight」をリリースしている
シンガポールのレーベルkitchen.。
そのkitchen.を運営するApril LeeとRicks Angによる
ユニットとなるAspidistraflyによる収録曲の「Gensei」は
古びたフィルムが映し出す映画のワンシーンのような
ノスタルジーを感じさせる一曲。
優しく響くピアノやギターにつぶやくように歌われる
April Leeのヴォーカルが心に沁みる一曲。

tribe web shopにて販売中



・ mito「a pray」(from「DAWNS」Album)

そしてこのミックスの最後を飾るのはmito(クラムボン)の
ソロアルバムからの一曲「a pray」。
曲名でもあり、そしてharuka nakamura自身からの
コメントにもるように未来への「祈り」を込めた
この一曲でミックスは幕を下ろす。
人々の想いを一つ一つ噛み締めるかのように丁寧に
弾かれるピアノの旋律が聞き手の心を揺さぶる
シンプルながらも実に心に染み渡る一曲となっている。



haruka nakamura


haruka nakamura


これまでに「grace」「twilight」
Janis Crunchとの「12 & 1song」を発表

様々なコンピレーション、Remixアルバムへの参加
H.P.FRANCEなどのwebsiteにおける音楽
mame、evam eva、support surface、unrulyなど
アパレルブランドとのコラボレーション
Uyama Hiroto,shing02らと共にMETAMORPHOSE 2010への出演
クラムボンmitoのソロアルバム「DAWNS」への参加など
独自の活動を行う

この夏、nujabes氏と制作していた3rd album
「MELODICA」の発表を控えている

official HP
www.harukanakamura.com




Next Notice

次回5月の「Exclusive Mix from hydeout productions official store tribe」は、
昨年tribeのイベントにも出演しYOGURT&KOYAS名義でもリリースを行ったKOYAS氏によるエクスクルーシブミックス。


Exclusive Mix from hydeout productions official shop tribe


USEN

D-63 JAZZY HIP HOP
平日
22:00〜23:00
土日
12:00〜13:00
18:00〜19:00
22:00〜23:00 

1時間番組(月間更新)

※月〜金 12:00〜13:00は
アーカイブ放送として
今までのMIXをランダムに
オンエア中。




2月放送分

metaphorical music



Track List

2012 spring is here mix by haruka nakamura

1. Still Crazy After All These Years / 水谷浩章 – phonolite
2. Joyful Girl feat. Dave Matthew / Soulive
3. Lips Without Pray[祈りを知らない唇] / 半野喜弘
4. F.T.B. / Robert Glasper
5. Child Song / The Cinematic Orchestra
6. Sometime with a water lily(Suiren) / ARAKI shin
7. Here It Is / Luciana Souza
8. Spring Is Here / Milli Vernon
9. Yesterday / THE YOUNG GROUP
10. GENSEI / ASPIDISTRAFLY
11. Love Will Tear Us Apart / Susanna And The Magical Orchestra
12. Better Day / Sound Tribe Sector 9
13. Shirk / Me’Shell Ndegéocello
14. a pray / mito



Related Item

still crazy – 水谷浩章 / phonolite

CD
¥2,500



In My Element – Robert Glasper

CD
¥2,500



A LITTLE FABLE – ASPIDISTRAFLY

CD
¥2,500



Ma Fleur – the cinematic orchestra

CD
¥2,500



haruka nakamura relatd item

Twilight – haruka nakamura

CD
¥2,500



Grace – haruka nakamura

CD
¥2,310



12 & 1 Song – Janis Crunch & haruka nakamura

CD
¥2,500




modal soul classics II dedicated to nujabes – V.A

CD
¥2,500



カテゴリー: Archive, Special, usen   パーマリンク